4.番組のタイプ/NHKラジオニュース
0:00 -:--
Speed
++++++
番組のタイプ 1.テーマ型 自身の専門性を伝えるには、一番わかり易いタイプです。 書籍の目次のようにテーマを次々に出して、独自の考えを展開すれば、専門性を伝えることができ、その内容に共感を得られれば多くの人に注目してもらえます。 毎回、テーマを出していかなければいけないので、かなりの量のコンテンツが必要となります。 2.対談型 ゲストを呼び、その方と対談することで、コンテンツを作るタイプです。 番組としての大きなテーマを設定し、そのテーマに沿ってインタビューすると、テーマに興味のあるリスナーに聴いてもらえます。 テーマはご自身の専門性に合わせてたり、伝えたいことを設定したりするのがよいでしょう。 ゲストが変わることにより、新しいコンテンツが作れるので、ネタ切れの心配はありません。 ただ、ゲストの調整が大変です。番組の趣旨に沿った方を常に探し続ける必要があります。 また、ゲストの話がメインになってしまうため、配信者の存在が薄くなりがちです。 それを補うために、対談の前後に解説を加えると独自性が出てきます。 配信者の視点でどのように聴いてもらいたいか、どのようなところに注目すべきかお話いただければ、配信者の番組になっていきます。 3.Q&A型 リスナーから質問を受け付け、それに答えるタイプです。 最初のうちは質問がなかなか来ないので、今までよく聞かれる質問を元に答える必要があります。 コンスタントに質問が来るまでは、自分で準備する必要があります。 質問が来るようになれば、専門性を活かして答えるだけになってきます。 さらに、コンサルタントの方などはリスナーにサービスの疑似体験をしていただける場になります。 コンサルタントの先生に突然依頼することは難しいですが、ポッドキャストでお話を聞いていれば、どのような人かわかるので、ハードルがかなり下がり申し込みしやすくなります。 そのため、素晴らしい回答ををすればするほど信頼性が上がり、リスナーからクライアントになりやすいです。 4.ニュース型 ニュースを題材にして、そのニュースを紹介したり、ニュースについて解説する番組です。 取り上げるニュースのジャンルを決めたり、独自の解説を加えることにより、その番組らしさが出てきます。 ある程度の専門性がなければ、リスナーを納得させられませんので、解説するためのしっかりとした意見を持っておく必要があります。…