10.ブランド化のポイント/ますだたくおの商売はエンターテイメント
0:00 -:--
Speed
++++++
PermalinkShare linkShare link with timestamp
December 10, 2017
ブランド化のポイント ブランド化には3つのポイントがあると考えています。 機能的価値 番組を聴くことによって、どんなメリットを得られるのか。 感情的価値 番組のコンセプト、パーソナリティ、番組のストーリー、など好き嫌いに関わる要素。話し方なども重要になります。 自己表現的価値 理念、世界観、あり方。 どのような理念を持っている人なのか、どんな世界観を持っているのかなど、そのひとのあり方を問われるものです。 「知っている」と「知らない」というちょっとした情報の違いだけで、人生は大きく変わります。 ポッドキャストで発信して、人生を変えてほしいと思っています。 価値観を感じて、共感してもらった人がファンとなり、この番組をブランドとして認識してもらえます。 これからの時代はどのような想いで発信するかがとても重要になります。 想いの部分はごまかしきれないし、隠せないものです。自分の中でしっかりとしたものを持って発信すれば伝わります。 ぜひ、あなたの想いを伝えてください。 ますだたくおの商売はエンターテイメント ますだたくおさんは商売人の学校の校長をされています。商売人の学校では、「商いは楽しいもの」「商いは世界を豊かにする」という想いでやられています。 番組はQ&A形式で、リスナーや商売人の学校の生徒さんからの質問にお答えしている番組です。 そのお答えは一見ハチャメチャに聞こえますが、経験に基づくもので真実をついているなと思います。 関西出身とのことで、番組をやるからには面白くしたいとおっしゃっていました。ぜひ、エンターテイメントな番組をお聞きいただければと思います。 配信者の視点で解説すると、週2回配信と、多くの番組より頻度を上げて配信しているところに特徴があります。 配信開始当初はコンテンツが少ないので、そこをカバーしたいという思いから、開始3ヶ月はペースを上げて収録いたしました。 そうすることによって、番組の定着率をあげ、リスナーへの接触回数を増やすことによって、一気にランキングをあげています。 コンテンツの少ない開始当初を頑張ってみるのも良いです。 iPhone, iTunesはこちら Androidはこちら Webサイトはこちら 番組説明 商売人の学校の校長、増田拓保(ますだたくお)が 「商いは世界を豊かにする」 「商いは本来楽しいもの!」 という真髄を伝えていく番組です。…